在宅雇用

HOME>在宅雇用>在宅雇用推進活動

在宅雇用推進活動

講義にゲストスピーカーとして参加

法政大学現代福祉学部にて、眞保教授の「障害者福祉論」の講義にゲストスピーカーとして参加してきました。

学生からすれば、福祉と雇用との関係についてあまりピンとこないと感じるところですが、今の障害者雇用では福祉との連携は切っても切れない関係にあります。 たとえば、次の障害者雇用促進法の改正で精神障害者の雇用が義務化や雇用率上昇が予想される中で、精神保健福祉士や社会福祉士などの資格所持者が、企業内で活躍の場が拡大すると想定されます。

こういった資格取得を目指す学生に、今後の進路の視野を拡げるのに必要な知識を多少なりとも伝えることが出来たかなと感じています。

ページトップへ