在宅雇用

HOME>在宅雇用>アシストワークスタイル

アシストワークスタイル

クオールアシストでは様々な身体障害を抱えた在宅社員たちが働いています。在宅雇用だからこそ可能な勤務形態で、それぞれの技能を発揮し、個性を活かした仕事ができる…それがアシストの特色です。

全てのアシストワークスタイル アシストのここが好き 私のワークスタイル

親父の働く姿(宮崎県:頚髄損傷)私のワークスタイル

私は45歳の時、温泉内で転び、後頭部を強打し頚髄損傷になりました。胸から下は感覚もなく動かなくなり車椅子生活となりました。それからリハビリをしていく中で車の運転やExcel、Wordの勉強をして、当時働いていた建設会社での事務業務に携わることとなりました。

仲間がいて働き続けられる仕事環境(茨城県:関節リウマチ)私のワークスタイル

私は26歳で関節リウマチを発症しました。リウマチは骨が変形したり、それに伴い痛みもかなりあります。進行性のため、変形が進み動かなくなった関節を手術で少しでも動くようにして、今は電動車椅子で生活をしています。

未経験からのチャレンジ(三重県:先天性骨形成不全症)私のワークスタイル

私は先天性骨形成不全症で上下肢に障害があります。また、大学在学中に腰椎すべり症の悪化による股関節脱臼の再発及び、頸椎~腰椎の固定術により体幹機能障害となり、日常生活のほとんどに介助が必要となりました。

私のパソコン操作の工夫(岐阜県:脳性麻痺)私のワークスタイル

私は脳性麻痺という障害があり、日常生活全般において介助が必要です。高校を卒業後すぐに採用をしていただきましたので社会経験が無く、入社前はすごく不安だったのを覚えています。しかし、導入研修では「学生と社会人の違い」から働く上で必要な知識を教えていただけたことで社会人として働くことへの理解と自覚ができました。

人生の再出発点として(徳島県:上肢・下肢機能障害)アシストのここが好き

私は左右の上肢と両足に機能障害があります。学生時代に脳腫瘍と首の脊髄腫瘍という難病を患いましたが、手術を受けて車椅子に座れるほどまで回復することができました。

ページトップへ