総会イメージ

ホーム  > 第11回社員総会

第11回社員総会

2019年11月22日に東京国際フォーラムにて開催されました。この日は在宅社員一同が集まり、テーマ『「思いっきり聴こう! 思いっきり話そう!」 ~みんなのチカラで働くために~』をもとに、コミュニケーションスキル向上についての研修会とグループワークを行い、懇親会では親睦を深めました。


新入社員紹介

今年度は6名の新入社員がクオールアシストへ入社しました。新入社員代表からの「スキルアップによる付加価値の高い業務への挑戦、業務内容の多様化による会社への貢献、そしてテレワークによる障害を持つ就労者へ先導者としての我々の経験・体験の伝授といった社会的貢献をしたい」との力強い決意のあいさつと共に、第11回社員総会が始まりました。


研修会

今回は「もう一度考えてみよう コミュニケーションについて」をテーマとした研修発表がありました。 その後に行われたグループワークでは、発表の内容を踏まえながら活発な討論会が行われました。


発表「もう一度考えてみよう コミュニケーションについて」

テレワークという仕組みの中で働いている私たちにとって、最も核となるのがコミュニケーションです。研修会では、コミュニケーションをもう一度基本から考えるという内容の発表でした。会話をするうえで大切な事は「心理的安全性の確保」と「ミーティングの基本原則」です。話しやすい環境を作ること、相手を尊重し、共感的に聴き、反応することが大切である、という説明があり、この二つを踏まえてグループワークを実践しました。より良いコミュニケーションを積み重ね、みんなの力で働けるクオールアシストを築いていければと思います。


グループワーク

グループワークの内容はグループに分かれ、「コンビニの24時間営業は必要なのか?」などいくつかの決められたテーマから1つを選択し、そのテーマについて15分~20分程度の討論を行い、各グループの代表者が全員の前で討論の結果及びその結果に至った理由や経緯を1分以内に説明を行う、といったものでした。時間に追われながらも発表を聴いて確認したコミュニケーションの重要なポイントを意識しながら、どのグループでも活発な討論が行われている様子でした。業務内でのコミュニケ―ションを考えさせられるグループワークになりました。


懇親会

TEAMでTRY!連想ゲーム

懇親会は普段お会い出来ない方々や仲間との親睦を深められる貴重な時間です。今回はコミュニケーションを取りやすくするために会場をフリースペースとし、連想クイズではチームに分かれての対抗戦としました。豪華賞品の獲得をめざし各チーム一丸となって回答を出し合っていました。ここでもコミュニケーションの重要性を再認識でき、楽しい時間となりました。



優秀社員賞 受賞者からの感想

また今回の「優秀社員賞」はクオールの福利厚生サイトの制作に携わり、クオール内での福利厚生普及に貢献した社員に送られました。


今回、優秀社員賞を受賞できたことは本当に嬉しいです。 これも、ご指導してくださった方、担当をされた方々のご協力があってのことだと思っております。これからも、もっとスキルを磨いて更に良いものが作れるよう頑張っていきたいです。


総会は欠席でしたので、MVP受賞の知らせを前日に電話で受けました。まさか自分が受賞するとは思わなかったのでびっくりしました。福利厚生HPが評価されてとてもうれしいです。とても一人でできる仕事ではなかったので、一緒に制作してくれたメンバーに感謝の気持ちでいっぱいです。これからもがんばりたいと思います。


この度は、過分なる賞を頂きありがとうございます。賞を頂けたのは、決して自分だけの力だけではなく、Webグループのメンバーをはじめ、本社スタッフや家族の支えがあってこその賞だと思っています。入社してから2年半と短く技術もまだまだですので初心を忘れず、業務に励んでいきたいと思います。


メディア掲載

各種メディアに掲載されました

47NEWS 「通勤できず働けない」を変えるテレワーク

SankeiBiz 薬局子会社がテレワーク活用、重度障害者の在宅雇用推進

秋田さきがけ新報(11月23日)、四國新聞(11月24日)で掲載されました。

▲ページの先頭へ