取り組み

HOME>取り組み>アシストCSR

アシストCSR

続・地域の小学生とふれあう

毎年、市内から集められた様々な障害を持つ十名近いスタッフで小学校を訪問し、福祉指定校の小学4年生を対象に「まち探検」という特別授業を行っています。

アウトドアスポーツのバリアフリー化を目指して

過去のページにも掲載されている自らの経験をキッカケとして、安全を第一に、そして気軽にバリアフリーアウトドアスポーツを体験できるNPO法人の立ち上げに関わりました。

ストリートウォッチング

地域在住の小学5年生をメインに、大学生・地域ボランティア・障害者が参加し、災害時のルート(主に道路や避難施設)でどのような危険が潜んでいるか、大人・子供・車いすからの目線ではどう見えるかなどをピックアップして、大きな地図に描きだそうという企画です。

仕事そして余暇活動についての講演

宮崎県内の支援学校で生徒を対象に講演をさせていただきました。

心のバリアフリーを伝える授業

東京都狛江市にある小学校にて「障害当事者との交流に加え、障害当事者から生の声を聞き、これからの生活の中で共に生きるために大切にしなくてはいけないことを考える」という特別授業で講師を務めてきました。

ページトップへ